ファンメールはこちらへお願いします。

お仕事関係はこちらへ

※ファンメールを送られるみなさまへ(必ずお読み下さい)

ファンメールを送られたみなさまへ、本サイト上にて、林哲司本人からのレスポンスを掲載致します。(すべてのメールにレスポンスをするわけではございません。予めご了承下さい。)
その際、みなさまからいただいたメールの本文が本サイト上に掲載されますので、予めご了承下さい。
レスポンスの掲載時期については、不定期とさせていただきます。
みなさまからのファンメールお待ちしてます。

 

 

 

2017.01.20
林さんこんばんは、大阪の畑です。
「愉楽好日」が更新されているのをみて、今年こそファンサイトが充実する・・などと勝手に期待を持ちました。
が、無理をなさらず、曲のように思った時に「一言」それが、ファンにとってうれしいことなのです。使命や義務になると続きません。
林さんと同じ、私も日記は1月15日までしかつけれず、毎年真っ白の新しいノートが増えるばかりです。
思いついたときに、長文でなくワンフレーズを期待しています。そこに、ハーモニーをつけるが、ファンの力です。なんちゃって(笑)
いろいろな企画本当に楽しみです。ファンはファンなりに何かお手伝い、サポートはおこがましいですがなにか、力になれることがありましたら何なりと言いつけてください。お待ちいたします。

いつも応援ありがとう!そうですねあまり無理せずにこのコーナーもお答えしようと思います。
どうもメールや手紙よりはメロディーの方がハヤシです。日記はワンフレーズだけでも、後で読み返すとその時のことが思い出しますから書き続けることは貴重です。
夢や企画を実現することはなかなか大変ですが、鈍足でもそこにたどり着くことが出来ればいいですね。頑張ります!楽しみにしていて下さい。tets

2016.12.05
林先生こんにちは
ところで精力的に活動されていた、少年ハリウッドへの曲提供はもうやめられたのでしょうか。
私はここに提供されたの曲の中では、「真っ赤なプライド」が一番キャッチーでポップで林節炸裂で一番好きで、ひさびさの名曲です。「チェリーチャンス」も好きです。出来れば曲提供から離れられた経緯を教えて頂きたいのですが、林さんが抜けてから少年ハリウッドは寂しくなっていると思います。

あと、もうそろそろ菊池桃子さんを再プロデュースするという気持は無いでしょうか?まあ、桃子さんの気持もあるわけですけれども、最近つんくさん提供の新曲を歌ったり、以前からラッツ&スターの鈴木雅之氏とデュエットしたりと、ある程度意欲はあるのではないかと思います。
私の再プロデュースの案としては、つんくさんの路線を継承して拡げる。つまり、80年代の桃子さんの青春歌謡曲路線を現在の桃子さんが振り返るということがテーマになったような楽曲です。もちろんこのようなテーマ以外の楽曲があっても良いわけですけれども・・・

少年ハリウッド、楽しんでもらって嬉しいです。別に少ハリをやめたわけではなく、アニメ2クールが終了しただけです。少ハリのステージ版“ぜんハリ”は新曲が4月26日にリリースされますのでお楽しみに。「真っ赤なプライド」は意外とスムースに出来た曲で、それぞれのキャラクターに合わせて作品を提供しました。声優の逢坂良太クンの声は爽やかで、最初はロック色になると思っていたらオメガトライブ的になりましたね。
桃子は「卒業」しました(笑)。tets

2016.08.20
近年、林先生の音楽活動が活発化されて私生活も楽しんでいらっしゃるようで、自分も生きていて嬉しい限りです。
昨年のアルバムTouch the Sun発売イベントが渋谷タワーレコードで行われ足を運ばせて頂き林先生のギターも聴く事ができ幸せな時間を過ごさせて頂きました。
発売されて半年以上過ぎましたが、今この夏に聴いても爽やかでいて、かつ躍動感がありしかも何度聴いても飽きのこない楽曲が詰まったアルバムですね。
(省略)
インストのShangri-Laでは、林先生のScatに余裕を感じられて、レコーディングを楽しんでるなぁ~と思いました。
気付いてみると、杉山清貴さんのREUNITEDでデュエットされた頃から林先生のボーカルがハスキーになってより哀愁を帯びて味がでてますよね。
今秋発売される林先生プロデュース、ドワイト・ウォルドロンのアルバムは、待ち遠しいですね!僕はレコードCD世代なので、音楽配信されてるようですが悔しいですが秋まで我慢します。
林先生の意義のある音楽活動を切に願ってます!
長い文章になりましたがお読み頂きありがとうございました。
またどこかでお会いできる事を楽しみにしています!

いつも聴いてくれて有難う!そうですね~渋谷タワレコのTouch the Sun発売イベントでは、あんなに大勢のファンが集まってくれるとは全く想像していなかったので嬉しかったです。特に懐かしい顔も拝見できてよかったな~と思っています。
実は…。他のイベント会場を間違えて覗き、数名しかいなかったので気落ちしていたら、スタッフから場所が違いますと言われて気づきました(笑)。
ドワイト・ウォルドロンはどうでしたか?是非また感想を送ってください。tets